2015年2月アーカイブ

iOSでAdMobを

| トラックバック(0)

どうも、ケイ・プロジェクトの中の人 あ〜る です。
 
発掘王でAndroidでのAdMob組み込みは
すでに経験しているんですが
今回は iOS で AdMob を実装しました。
 
組み込み方は色々なところで紹介されているので
そこは既存の情報をググってくださいということで
今回は、その情報通りにやっても引っかかったところを
書きたいと思います。
 
今回利用した SDK のバージョンは 6.12.2 です。
で、ビルドしたところ、リンカエラー...。
どうにも追加する framework が足りないようです。
エラー内容を見ると、
CT*** とか AS*** とか EK*** とか
そんなワードが出てくるので
多分この辺りだろうなー、と思って追加したのが
これら↓の framework です。
 CoreTelephony.framework
 AdSupport.framework
 EventKit.framework
 EventKitUI.framework
で、これがまさにビンゴでした。
 
エラー内容を見てある程度推測すれば対処可能だったので
そんなに時間はかからず解決できました。
エラーが出た瞬間慌てるのではなく、よく見る事が大事ですね。
 
しかしビルドが通って喜び勇んですぐ実行したら
実行時にエラーが発生......。
これは色々情報出てると思いますが
どうやらリンカの設定が必要なようです。
 Build Settings -> Linking -> Other Linker Flags
の値を
 -ObjC
とする必要があるようです。
 
ビルド出来たからって浮かれてるなよ、という戒めですね...。
気をつけます...。

【追記 2015/02/14】
twitter の方である方からご指摘頂きました。

以下のURLで公式に説明されていました!
https://developers.google.com/mobile-ads-sdk/docs/#ios

ちゃちゃっとググって実装しちゃうもんだから
こんな簡単なことも見逃しちゃうんですね。
お恥ずかしい限りです......。

どうも、ケイ・プロジェクトの中の人 あ〜る です。
 
前々回に予告したウィルス増殖についての話です。
 
前々回、アイディアの出発点はライフゲームと書きました。
ただ、ライフゲームの一般的なアルゴリズムをそのまま使うと、
消滅してしまうウィルスが発生してしまい
アクションパズル(?)ゲームとして成立しません。
なので、消滅する事はなく、増殖部分のみにフォーカスしました。
 
というか、もはやライフゲームのエッセンスだけいただいて
ほぼ独自のアルゴリズムです...。
しかもここまで大仰に書いておきながら大した話でもなく...。
 
さて、言い訳もしたところで、ようやく本題。
まず前提として、以下の仕様を考えました。
 1) フィールドは 50x50 のチップ
 2) ウィルスには Lv1 〜 Lv5 までの5段階がある

次にウィルスの発生と成長の仕様。
 1) 3秒毎にランダムでどこかのチップにLv1ウィルスが発生
 2) ウィルスは1秒毎に Lv が1上昇する
 3) Lv上昇時、すでに Lv5 ならば上下左右のチップに Lv1 ウィルスを発生させる
 
非常にシンプルです。これだけ。
で、これを実装するとこんな感じの見た目になります。

Lv によって大きさと色を変えているので
上記仕様のみから想像されるものより
多少見た目が 派手になっています。
 

手前味噌になってしまいますが、
ただの丸が増えて行くだけなのに
なぜかウィルス感があって
なかなかキモチワルイ!
 
なんだかちょっと面白くなりそうな予感です!
...でも結局最終的には、この仕様は採用されていないんですがね。
その話はもう少し先でしますが、
次回はこの状態でどうやってプレイヤーがウィルスを消去するのか
というところを説明したいと思います。