大胆にも勝手にゲーム業界を考察してみる

| トラックバック(0)

どうも、ケイ・プロジェクトの中の人 あ〜る です。
前回に引き続いて、今度はゲーム業界に関する考察です。
 
ゲーム業界では、ファミコンから急速に
家庭(子供)にゲームが普及したと思います。
(もちろんその前にも様々な輝かしいゲームはあるのですが。)
 
そこから、スーパーファミコン 、プレイステーションなどと
ゲーム機が進化していき、スペックがあがる事で
新しい表現やゲーム性が生まれてきました。
ユーザも新しいゲームに心躍らせる
ゲームの黄金時代だったように思います。
 
しかし、ゲームの複雑度が増すにつれ(特に近年では)
新規ユーザがとっつきにくくなってしまい
コアユーザ向けになってきていると思います。
その状況はさらに新規ユーザ取り込みを困難にするという
負のスパイラルを生んでしまっていると言えるでしょう。
 
それを打開するために、ゲーム開発側は
出来るだけゲームをわかりやすくしようとして
ゲームの導入部分にチュートリアルをつけるなど
様々な工夫をしてきました。
そして、難易度も(ファミコン時代のような)理不尽なものがなくなり
少しマイルドになってきているという傾向を感じます。
そのため、コアユーザには物足りない、
しかし新規ユーザには難解、という中途半端な状態に
なってしまったのではないでしょうか。
 
長くなって来たので次回に続く!
(偉そうな分析で反感を買いそうと不安ですが...)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kei-prj.com/mt/mt-tb.cgi/107