Drill、ドリル、どりる

| トラックバック(0)

子供の頃、サンダーバードシリーズを毎回毎回見逃さず

見ていた記憶がありました。国際救助隊たちの活躍とスーパーメカを駆使して救助する

特撮技術に見とれてい生きていたと思います。

サンダーバード1号~5号お当時のカッコ良さがたまらなっかたなぁ~。

 

 

◆今回は『発掘王』のゲームグラフィックスのデザインを一新したいと聞いて

色んなデザインを考えてきました。その一部を掲載して見ました。

現在と未来のドリル(発掘するための道具)をイメージして、メカメカデザインか流線的な

デザインを避けて、中間の親しみのありそうデザインにまとめてみました。

手で掘るより、遠隔操作で動きそうなドリルのイメージにしました。

 

※左から、旧発掘王のドリルデザイン、スケッチ、最終デザインになります。

drill_1.jpg

drill_2.jpg

drill_3.jpg

drill_4.jpg

◆その他のドリルデザインになります。

こちらはメカメカ過ぎてやめました。

drill_5.jpg

話しが変わりますが、

外国版のサンダーバードのペネロープの声が黒柳徹子では無かったのが

ちょっと残念でした。けっこ若い声だったみたいですね(笑)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kei-prj.com/mt/mt-tb.cgi/111