Windowsからの決別!?

| トラックバック(0)

どうも あ〜る です。
 
いよいよWindowsXPのサポートも終了と言うことで
改めて我が家のPCについて考えてみました。
 
状況の用途
 1) プロバイダメール
 2) ブラウジング
 3) ネットショッピング
 4) Visual Studioを使った開発
 5) eclipseを使ったAndroidアプリ開発
 6) フリーのツールを使った2D素材加工
 7) エクセル、パワポでの資料作成
 8) このブログ記事の作成
 
...とまあこんなもんでしょうか。
ここまで考えて、ふと思いました。
諸々割り切れば全部スマホだけでいけんじゃね?...と。
 
それぞれについて...
 1) 既にあるgmailアカウントにPOPアカウントを追加すれば対処可能
 2) 普通にスマホでいいよね
 3) デスクトップの方がセキュリティいいかと思ってたけどもうairでもいいや
 4) もうWindowsのアプリケーション作らないね...
 5) 今はiOS向け開発だけ&そのうち れごお がAndroidも対応してくれるはず
 6) 素材作成はクレヨラにお任せなので、もう自分で加工はしない
 7) google docs にすればいいんじゃね? quick office ってのでよさそう
 8) 別にスマホからでもOK
なんということを考えて、PCは借りている開発機のMacBookだけ
という方向で検討しました。
 
で、スマホだけだとちょっとなぁ...と思う点は
 A) 画面が小さい
 B) ソフトキーボードだとしんどい
というところでしょうか。
 
A) については自分の使っている SHL22 だと
有線でのHDMI出力は出来なさそうなので
miracast という手段をとることにしました。
購入したのは NETGEAR の PTV3000 Push2TV というやつ。
実際に32インチのテレビに出力する事が出来ました。
でも、0.5秒くらいタイムラグがある感じです...。
 
B) については、Bluetooth のキーボードとマウスを購入しました。
キーボードは特に問題ありませんが、
miracastで画面出力をしたときのタイムラグのせいで
マウス入力で細かな作業をするのはちょっとしんどそうです...。
とりあえず我慢しようかと。
パワポ資料とかを作るのが大変かもしれないという一抹の不安が。
(パワポの資料は quick office で作れます。)
 
あと、文字入力時にソフトキーボードが
表示されてしまう問題があったのですが、
これはATOKを導入すれば解決しました。
ただ、quick office のバグなのか、quick office でだけ
全角入力への切り替えが出来ないという状態です。
これは quick office の対応を期待です。
 
ちなみに、今回の出費は
キーボード&マウス&Push2TVで1万円弱でした。
ATOK は auスマートパスに入っていたので
タダでゲットできました。
 
ということで、当面この形でやっていって
どうしても困ったら改めて考えようと思います。

PC をどうしようか迷っている方々、
こんな方法もあるよ、ということで
参考になればと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kei-prj.com/mt/mt-tb.cgi/60