2013年11月アーカイブ

日曜プログラマのジレンマ

| トラックバック(0)

どうも あ〜る です。

ケイプロ1作目の「あるたおるた」がだいぶ形になってきました。
とは言え、活動開始から既に1年以上立っているのに
未だに1作目をリリース出来ていないという状況です...。

以前、1日1時間活動するというようなことを書きましたが
今となっては全くのデマですね...。

会社員としての業務が忙しくなると、帰ってきても
疲れてすぐ寝てしまい作業が進まない。
忙しくなると土日に用事をまとめて済ませなければならず
結局ほとんど時間が取れない。
忙しくなると、単純に休みたくなる。
それ以外にも様々な誘惑が......。

ということで、遅々として進まないんですね...。
でも少しずつでも前進して、1作目をリリースするのか
諦めてしまうかで、その先の結果が全く違いますので
ここは踏ん張りどころと思い、鋭意活動中です。

ちなみに、以前自分一人でAndroidアプリを作成して
リリースした事があり、その時も思ったのですが
完成直前は結構しんどいです。
細かい修正ポイントも見えてきて、突然ToDoリストが
増えたように感じてしまうんですね。
でもそれは完成間近だからこそ発生する現象だと思います。

個人でアプリ開発をしている or しようとしている方たちは
苦しい時期が来た時は、あと少しでリリース出来るサインだと思って
頑張ってみてください。

...偉そうな事言ってますが、
個人的にはアプリ1つしかリリースした事ないので
大した経験はしてません。
とあらかじめお断りしておきます。。。

どうも あ〜る です。

ケイプロは現在3人で、
プログラマ・プログラマ・デザイナ(3D,2D兼務)という状況です。
でもこれだとサウンドが...。

僕もちょっとは曲っぽいもの(相当しょぼい)を作れるんですが
やはりそこは餅は餅屋ということで、
これまた職場の知り合いのサウンドデザイナさんに
お願いすることにしました。
(勝手にサポートメンバーと思ってます。)
僕のものすごく小さい人脈をフル活用しました!

サウンドの発注の仕方...なんて世の中のスタンダードは知りませんが
まずはゲームのメインテーマになる曲を2〜3パターンお願いしました。
その中から1曲を採用して方向性を決めてから、
タイトルやゲームオーバー、その他ジングル・SEなどを
発注することにします。

僕はデザイナさん全般に丸投げでお願いする傾向が強いです。
ぼんやりとしたイメージを伝えることはありますが...。
自分に不得意な分野なので、その人のインスピレーションを
大事にしたいと思っているからです。
...決して手抜きではありません。

全然予想と違うものがくる事もありますが、
思いのほかそれが良い事もありますしね。

ということで、どんなメインテーマになるのか楽しみです!

ToDoリスト

| トラックバック(0)

どうも あ〜る です。

さすがに開発後半になってくると
細々としたやりたい事が増えてくるので
出し合った意見を忘れないように
開発者で共有出来るToDoリストが欲しくなってきます。

Redmineとかいいんですが、3人しかいないし、
チケットをまわすほど大げさな事もあまりないし
そこまでやらなくてもなぁ...ということで
Google Drive でスプレッドシートを共有する事にしました。

チケットの担当やステータスによって行の色を変える
簡単な方法は......ないんですかね。
ちょっとググってみてもわかりませんでした。
というか、スクリプト書けと...。まぁいいけど...。

担当別の色分けと、完了したらグレーにするという
簡単なスクリプトだけ書いて共有したら...
あら、案外便利!

3人くらいの人数の開発だったら
これで十分かもですねー。

どうも あ〜る です。

ずいぶん間があいてしまいました...。
「やっぱり日曜プログラムでゲームを作るなんて無理で
あきらめたんだな...。」と思った方もいるかもしれませんが、
どうにかこうにか少しずつ進んでいます。
プログラミングしているとそちらに集中してしまい
ブログがおろそかになってしまいがちですが...。

ここ最近は、キャラクターの移動速度を調整したり、
バグを直したり、見た目をちょっとずつよくしたり...。
そんなこんなである程度遊べるようになってきました!

さて、以前自信たっぷりに書いた煙幕についてですが、
やっぱりやめました...。
3人で話し合い、もう少しシンプルにしようということで、
煙幕の代わりにダッシュ&無敵にしたらどうか
ということになりました。

エネルギーゲージとは別にブーストゲージを設けて
ゲージがあるだけ加速&無敵になります。

とりあえずぱぱっと実装してみたところ
これが思いのほかよかった!
速度調整と相まって、うまく使えば敵から逃げ切れるようになり
鬼ごっこ感が出てきました。

まだやる事は満載ですが、少しずつ少しずつ...
歩みを止めないように頑張ります。