ツール開発のための環境整備

| トラックバック(0)

遅れている開発を取り戻すために、部屋に引きこもったのは良いんですが、環境整備に手間取ってしまってほとんど進捗が出なかった050(れごお)です.

れごおと書くと、単語の区切り目がわからなくなるので050なんて書いてみました.

さて、折角落とし穴に落ちたのでblogに足跡を残しておこうと思います.

【初期のモチベーション】

・ 開発機材がmac book しか無いけどクレヨラさんとの作業連携上、windowsのツールが必要

・ 具体的には、「MOD TOOL」→ ${*.fbx} →「(自作)コンバーター」→${アプリで利用するモデルデータ}といった手順から、「(自作)コンバーター」はwindows/mac ともに利用できるコマンドラインツールが欲しい

【目論み】

・ VMWare fusion 6 をインストールして、windows 環境を構築

・ 仮想環境上のwindowsに、Visual Studio をインストールしてwindows Application の開発を行う

【はまったことと、対応】

1. VMWare fusion を手に入れるために、chrome を立ち上げたらネットが激しく重いので調査

  → 調査の結果、使っているルーターがボトルネックになっている事が判明

  → 今後の対策にファームウェアの更新

2. 以前、VMWare fusion 4 のライセンスを act2 から購入していたのでupgradeをしようと思ったが、act2がVMWare fusion の取り扱いをやめてしまったので、ライセンスのアップデートが行えない

  → 本家のVMWare(http://www.vmware.com/jp/)にプロダクトキーの再登録を行うことで可能になる

 

3. (ここが本題)VMWare fusion 6 が「予期せぬ不具合」となり起動できない.

  → VMWare fusion 4 の設定が悪さをしていると予測して、アンインストールを試すがやはり起動しない...

  → 色々と試しているうちに、なにかおかしなことをやってしまったようでmacの調子が悪くなる...

  → timemachine から復元

  → 復元後、今度は VMWare fusion 4 をアンインストールしてから 6 を起動してみるがやはり「予期せぬ不具合」で起動できない...

 

【解決】

VMWare fusion 6 のサポートページをたどっていたら、解決方法がでていました.

(http://kb.vmware.com/selfservice/documentLinkInt.do?micrositeID=null&externalID=2058900)

Finder(or shell)から「Library/Preferences/VMware\ Fusion/license.fusion.site.6.0.*」を探して削除すると無事起動するようになりました.

 

【はまったこと】

VMWare fusion のアンインストール手順(一般的な mac アプリケーションのアンインストール手順と読み替えても良いと思うけど...)として、

1. アプリケーションフォルダにある、アンインストール対象のアプリをゴミ箱へ

  (ここでは、"/Application/VMWare\ fusion.app" かな)

2. ユーザのホームディレクトリにある"~/Library/Caches/" の中から対象アプリが作成したキャッシュを削除

  (ここでは、"com.vmware.fusion"以下が該当するはず)

3. ユーザのホームディレクトリにある"~/Library/Preferences/" の中から対象アプリが作成した設定ファイルを削除

  (ここでは、"~/Library/Preference/com.vmware.fusion*" が該当するはず)

4. "~/Library/Preference/VMware\ fusion" を削除

5. ルートディレクトリにある"/Library/Preferences" の中から対象アプリが作成した設定ファイルを削除

こんな感じにアンインストールを行うと思う.

VMware fusion は、なぜかこの手順でアンインストールをしても、すべてのデータがアンインストールされるわけではなく、ライセンス情報がどこかに残ってしまっているらしい.

(キーチェーンとかなのかな?)

「設定ファイルなんかは再利用しなくてもいいや」とばかりに、VMware 関連のファイルを削除したから大丈夫だろうなんて考えたのがハマリの原因だったようですね.

VMware のサポートページに書かれている、

Library/Preferences/VMware\ Fusion/license.fusion.site.6.0.*」

このファイル*だけ*を削除して起動する必要があったようです.

 

、、、はぁ、変なところに無駄な時間をつかってしまったよ.

明日は、がんばってツールの実装を進めたいと思います

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kei-prj.com/mt/mt-tb.cgi/44