半月間の戦い(後編)

| トラックバック(0)

どうも あ〜る です。
 
またまた前回の続きです。
うんともすんとも言わなくなってしまったPC...。
最悪Ubuntuでもインストールして使うか...。
でもWindows機として買ったのになぁ...。

そしてふと気付きました。
最初にクローンに使ったツールをCDブートして
HDDからSSDに再度クローンすればいいんだ!

ということで、古いPCでブートCDを焼く事に。
しかし......DVDのトレイが開かない......。
ドライブのejectボタンを押しても、モーター音がするだけで
トレイが出てきません。
確かに最近開いたり開かなかったりで調子が悪かったんですが
このタイミングで完全沈黙とは...。

仕方がないので、旧PCを開いて、DVDドライブを外し...
外側の扉部分を...無理矢理もぎ取りました......。
見るも無惨なDVDドライブがこれ↓。
dvddrive.jpg

しかし、それでもトレイが開きませんでした。
扉部分を先ほど破壊したため、ある程度バラせば
無理矢理ぐいっと力を加えると少し隙間が出来ます。
その隙間からCDを滑り込ませる事に成功。
その状態のまま早速PCを起動します。

CDも認識していて、普通に焼けました。
しかし、もう一度バラして無理矢理こじ開けるのか...
と萎えていたら、CDを焼いた後のオートイジェクトで
イジェクトされてました...。なぜ......。
しかし、その後EJECTボタンでトレイをオープンする事は出来ていません。
オートイジェクトではオープンします。
ハードのejectボタンだとダメなのに、
ソフトウェアからのオープン命令だとモーターが力を発揮するんでしょうか...。
意味がわかりません。

ということで、新PCでそのCDからブートして
無事にSSDを復旧。
新Cドライブが復活した事で、新Fドライブ(HDD)からブートし
Cドライブの設定ファイルを読み込み起動する事が出来ました。
速攻でドライブレターを元に戻して...
ようやく最初の状態に戻りました!!!

さぁ、SSDからのブートに再挑戦です。
ということで、タイトルに後編ってつけてますが...
もうちょっとだけ続くぞ......。
とか言って今までより長くなるアレのようにはならないと思いますので
我慢してお付き合いください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kei-prj.com/mt/mt-tb.cgi/37