半月間の戦い(中編)

| トラックバック(0)

どうも あ〜る です。

前回のどうでもいい話の続編です。
(前回、後編と予告しておきながら中編となっております...。)

早速SSDをボードのSATAポートに接続してPCを起動してみます。
ここは普通に認識されました。
Fドライブとして認識されていて、読み書きも出来ます。

ということで、ネットでこちょこちょ調べながら、こんなの(EaseUS Todo Backup)を見つけて
今現在ブートしているCドライブ(HDD)の内容をクローンしました。
深く考えずに、DLしてすぐにツールを起動。
そして...普通にクローンできたようです。

~~~~
賢明な方ならお気づきと思いますが、ここでは起動しているシステムドライブ上で
そのシステムドライブをクローンしています。
本来CDに焼いて、CDからブートしなおしてクローンすべきです。
HDDでブートしているとシステム領域などアクセス出来ない領域があるので
おそらく正しくクローンできないのではないかと思います。
~~~~

さて、BIOSの設定でブートドライブをSSD優先にして起動。
...普通に起動しました。......でもSSDって速度こんなもん??と思い...
HDDを外すしてから電源を入れてみると...やっぱりブートしない。

調べていると、SSDのドライブレターをCに書き換えると
ただしくSSDからブートするというような記述を発見。
脊髄反射的に実行。レジストリを書き換えます。
ついでに、綺麗にクローンし直そうと思い、
一度SSDの中身を消してからクローンし直そうとしました。
......これが最悪の事態を招きます。

~~~~
再度、賢明な方なら、「志村後ろ後ろ〜!」ばりに
「それやっちゃらめぇ〜!」と叫んでおられるでしょう...。
~~~~

新たにCドライブとなったSSDの内容が消されたので
システムが再起動しました。
しかし......Windowsのようこそ画面から先に進みません......。
なぜ???
なぜかというと、新たにFドライブとなった旧Cドライブ(HDD)は
システムドライブとして機能しますから、そちらから起動します。
しかし、設定をCドライブから読もうとするので
新Cドライブ(SSD)は空っぽなので設定を読めずにそこで止まってしまう...と。
boot.PNG

はい。手詰まり〜。
どうでもいい話がずいぶん長くなってしまいました。
またまた次回に続きます......。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kei-prj.com/mt/mt-tb.cgi/36