開発環境の更新など...

| トラックバック(0)

少し作業時間に余裕があったので開発環境の見直しを行ったのですが、結果大はまりしている、れごおです。

折角なので、blog のネタにでもしてみようかと思います.

【やりたかったこと】

・ homebrew から、gtest / lame をインストールしたかった

  → cppunit は、テストのコード量が多くなってしまう点と、バグがある点から google test に乗り換えたかった

  → iOS / Android のマルチプラットフォーム開発を進める際に、サウンドの扱いに困ったので、Open MX.AL + lame の導入を検討したかった

・ OSX のバージョンアップをしたかった

  → そろそろ、iOSのバージョンも新しくなるので、xcode のアップデートが必要になる

  → lion だと、xcode のバージョンが終えないので、mountain lion にしたかった

【こまったこと】

・ homebrew から gtest のインストールが行えなかった

  → バージョンが古いからか、gtest の formula が見つからなかったので、 brew update でアップデート

  → やっぱり gtest の formula が見つからない

  → homebrew をアンインストール&再インストールしてみようと試みる

  → インストール時に、"curl: (7) couldn't connect to host"となり github に接続できない

  → homebrew が無いと開発できないから、timemachine から /usr/local 等を復帰

  → OSXの調子が悪くなる...

【現状】

・ timemachine から、作業着手前の状態に復帰

  → 半日ほど貴重な時間を食いつぶす

う〜ん、こまったものです.

ネットで、homebrew のインストールにはまった人のメモを漁っていくと、「プロキシ経由だと curl にプロキシ指定しなきゃ駄目だ」みたいなことを書いている人もいるようなのですが...プロキシなんか使っているつもりは無いんだけどなぁ...

もし、状況に変化があったら報告するつもりです.

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kei-prj.com/mt/mt-tb.cgi/29