日本橋(5)

| トラックバック(0)

どうも あ〜る です。
 
前回の話の続きになります。
皆さんは複数のキャラを(ほぼ)同時に操作するゲームといったら
どんなゲームを思い浮かべますか?
 
僕の場合は、やっぱり「リブルラブル」とか「バイナリィランド」ですね。
...歳がバレちゃいそうですが......。
とは言え、実はそんなにどっぷりハマったわけでもないんです。
ちょっとやった事はありますが、子供には難しく......。
 
さて、そんな(おぼろげな)知識をもとに、企画案を書いたところ
れごおおじさんがリブルラブル大好きだったっぽく
基本的にはこういった方向性で行く事になりました。
 
2体のキャラをあっちこっちに動かして、
アイテムを拾い集めていくのが基本的なゲームの流れです。
 
そこに面白くなりそうな肉付けをしていくわけですね。
肉付けをしていくのに、システム面で面白そうという事も大事ですが
やはりある程度納得の行く理由も欲しくなるので
ざっくりとでもいいので世界観も必要だと思います。
...これはあくまでも個人見解です。
システム的にとにかく面白ければ理屈なんていらない!という
考え方もあるでしょうし、ゲームによってはそれでよい場合もあるとは思います。
 
やはりプログラマという職業柄、
何事も理屈抜きでは語れないところもあるんでしょうね。
もはや職業病です...。
とは言えゲームというのは面白ければいいと思うので、
アプローチの仕方は人それぞれでいいんではないでしょうか。
皆さんもゲームを作るなんてことになったら、
気楽に面白そうなことを考えてみてください。
 
 
ということで、次回はちょこっと日本橋の世界観について
書いてみたいと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kei-prj.com/mt/mt-tb.cgi/26