iOS Developer Program の登録ではまった(?)話

| トラックバック(0)

どうも あ〜る です。
 
今回は、話が前後してしまいますが
iOS Developer Program に登録する時に
時間がかかってしまった話を。
 
iOS Developer Program
https://developer.apple.com/jp/programs/ios/
 
年間99ドルらしいのですが、登録時点では日本円で8400円でした。
今後円安が継続すると日本円で値上がりするかもしれませんね...。
 
僕が手間取ったのは Activate するところでした。
Apple Developer Program Activation Code
というメールが送られてきますが
ここに記載の Activation Code からアクセスすると
We are unable to activate your Apple Developer Program membership.
と言われてしまいました。
文章をよく読んでみると
because we are unable to successfully verify your identity.
...
あなたの身元確認が出来ませんでした...??
なんだって〜〜〜!?
そして、Contact us から Enrollment ID #****(そのページに表記されています) を使って
確認してくれとの事。
 
ということで、ちょっとググってみると同じ現象が発生している人がいました。
http://mushikago.com/i/?p=917
手順が詳細に書かれていてわかりやすいです!
しかしこれ、一般的に発生する現象なんですかね...。
 
そして待つ事1日...。
Appple様から返信が来ましたよっと。
それによると、登録している Apple ID の
氏名及び住所情報は全てローマ字表記へ変更する必要があるとのこと。
先ほどの人とは症状が違うようです。

 

そしてここ!
==(メールから引用)==
名前を修正する箇所のページ上で「名(漢字)、姓(漢字)」表記が出てきますが、こちらは半角英数字のローマ字表記でご記入下さい。カナの所は、カナのままで構いません。
-都道府県名, 国名は、漢字のままで構いません。
==(引用ここまで)==

 

名(漢字)、姓(漢字)を信じて入力するとダメという...。
簡単にはデベロッパー登録させないぜっていう罠ですね。えぇ、わかります。
 
そしてさらに待つ事1日...と思いきや、土日を挟んで3日かかってしまいました。
最初に送られてきた Activation Code を使って
再度 Activation してくれということで、やってみましたが
ここはすんなりいきました。
いやはや長かった...。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kei-prj.com/mt/mt-tb.cgi/21