モデル表示のデバッグ

| トラックバック(0)

パイロット版モデル

健康診断に行った後から、なぜかおなかの調子が悪い、れごおです.

さて、下回りの準備に想定以上の時間がかかってしまって困っているのですが、なんとなくモデル表示が行えたようです.

プロジェクト開始前に、Unityとかをつかってお手軽開発にしようかね?なんて事をチーム内で話していたんですけど、ライセンス料を払うとそれなりの金額がする点と(まぁ、Unity以前のゲームエンジンなんかに比べればとてもお安い事はわかっているんですけど...)どのみちUnityの研究開発にある程度の時間が掛かる(習熟コストが掛かる)という点から、自前で一揃えしてしまおうという話になりました.

ま、手間はかかりますけど、一度作ってしまえばそれなりの期間は利用できますしね.

スクリーンショットは、クレヨラさんが実際のゲームを想定しながら作成したパイロット版(?)のモデルです.

少しおかしな表示になってしまっている(特に手のあたりとか)は、レンダリングのタイミングとスクリーンショットを取るタイミングがずれているからだと思います.

(描画タイミングなんかもちゃんと実装しなければ...)

まだ、実装が枯れてないので問題(バグ)は出てくると思いますけど、モデル表示ができるとなんとなく嬉しいものです.

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kei-prj.com/mt/mt-tb.cgi/10